お風呂で簡単に痩せる!お風呂ダイエットの効果とは?

お風呂で簡単に痩せる!お風呂ダイエットの効果とは?

ダイエットの食事制限や厳しい運動を苦手な人は多いかもしれません。

しかし、お風呂に入るのは苦手というより好きな人が多いのではないでしょうか。

1日の最後にゆっくりお風呂に入って疲れを癒す、そんな時間をダイエットに使う方法があります。

毎日のお風呂で痩せる、そんな方法をご紹介していきましょう。

お風呂ダイエット【概要】

お風呂ダイエットとは、お風呂の入り方を工夫して、通常の入浴より消費カロリーを高めるダイエット方法です。

忙しかったり時間がないという理由で、シャワーだけで済ませる人もいますが、通常の入浴だけでも効果があるので、できれば湯船に浸かるのがお勧めです。

そして、さらに工夫を加えて効率良くカロリー消費するのがお風呂ダイエットです。

お風呂ダイエットは、方法によってはランニングや水泳よりもカロリーを消費することができる非常に効率のよいダイエット方法です。

お風呂ダイエット【効果】

お風呂に入っていると、体が温まり血行が促進されます。

血行が良くなると代謝が良くなるので、脂肪も燃焼しやすくなります。

また、代謝が上がると発汗作用も促進され汗をかきやすくなるため、体内の老廃物が汗と一緒に排出されるため、むくみ解消が期待できます。

さらに、食事前にお風呂に入ると、血行が良くなることで消化器官の働きが抑えられ食欲が抑えられます。

以上のようなダイエット効果がありますが、ダイエットだけではなく血行が良くなることによる肩こりの解消も期待できます。

お風呂ダイエット【方法】

お風呂ダイエットには、大きく分けて2種類の方法があります。

高温反復浴

高温反復浴とは、温度の高いお風呂に入る、出るを繰り返す方法です。

交感神経が刺激されることで、脂肪燃焼を促すことができます。

1.42~43℃のお風呂に5分浸かります。

2.上がって5分休憩します。

1~2を5回程度繰り返します。

42~43℃のお風呂はかなり熱いため、慣れないうちは5分ではなく2~3分にしてもよいでしょう。

また、かなり汗をかくことになるので、お風呂に入る前に十分に水分を補給しておき、お風呂から上がった後も水分を摂るようにしましょう。

中温半身浴

中温半身浴とは、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる方法です。

ぬるめのお湯なので負荷が少ないため、音楽を聴いたり本を読んだりしながら自分のペースで行うことができます。

1.38~39℃のお風呂に15分浸かります。半身浴なのでお湯の量は胸より下あたりにします。

2.上がって10分休憩します。

3.もう一度お風呂に入り、好きな時間ゆっくりします。

お風呂ダイエット【ストレッチ・エクササイズ】

お風呂に入っていると、血行が良くなり体も温まっているため、ストレッチなどをすると非常に効果的です。

そこで、お風呂に入っている途中にできるストレッチやエクササイズをご紹介していきます。

腹筋を鍛えるエクササイズ

1.両膝を立てて湯船に座り、両手を湯船の底につけます。

2.両足を上げて、胸に膝を寄せます。

3.両足を元の位置に戻す。

下半身を引き締めるエクササイズ

1.湯船の淵に両手をかけて体を浮かせます。

2.バタ足するように両足を動かします。

腰を捻るストレッチ

1.湯船に膝立ちで立ちます。

2.上半身を右に捻って、両手で湯船で淵を持ち、そのまま10秒キープします。

3.元の体勢に戻り、上半身を左に捻り、両手で湯船で淵を持ち、そのまま10秒キープします。

上半身を捻っている時、できるだけ下半身は固定して、特に足が浮いたりしないよう注意しましょう。

お風呂で簡単に痩せる!【まとめ】

お風呂ダイエットは、毎日のお風呂でカロリーを消費できる効率の良いダイエット方法です。

ダイエットと意識しなくても、お風呂にゆっくり浸かるだけでも効果はあるので、シャワーだけで済ませている人は、できるだけお風呂に入るようにするとよいでしょう。