腹筋ではお腹は痩せない!?ウェストを細くするのに効果のあるダイエットとは?

腹筋ではお腹は痩せない!?ウェストを細くするのに効果のあるダイエットとは?

ダイエットをしてお腹を細くしたい、という人は男女問わず多いですが、普段から心がけている人はともかく、ダイエットを始めてから理想的な細さになれたという人はそんなに多くはないのではないでしょうか。

また、お腹のダイエットということで腹筋運動をする人も少なくありませんが、それだけで痩せるということはほとんどありません。

では、ウェストを細くするためには腹筋ではなくどのようなことをすればよいのでしょうか。

運動面、食事面などから確認していきましょう。

腹筋運動は効果無し?

お腹を細くしたい場合に、お腹の筋トレということで腹筋運動を始めたことはありませんか?

そして、実際に腹筋運動を続けてもお腹が細くならなかった経験もあるのではないでしょうか。

腹筋運動だけでウェストが細くならない理由をご説明していきます。

ウェストの太さは脂肪が原因

まずウェストが太くなる原因について確認していきましょう。

ウェストが太い場合に、筋肉で太くなるということはまずありません。

ごく稀に腹筋が弱くなり引き締める力が足りないという場合もありますが、脂肪がついているため太くなってしまっているというのがほとんどです。

そのため、お腹を細くするには筋肉をつけるよりも脂肪を落とすことが必要です。

腹筋運動に脂肪燃焼効果は少ない

脂肪を落とすためには、ジョギングやウォーキングのように軽い負担を長時間かけ続ける有酸素運動が効果的です。

無酸素運動で基礎代謝を上げて脂肪燃焼しやすくなるという方法もありますが、運動自体の脂肪燃焼効果という意味では有酸素運動がよいでしょう。

しかし、腹筋運動は無酸素運動なので運動中の脂肪燃焼効果は期待できません。

さらに、腹筋は筋肉の中でも特に大きい筋肉というわけではありませんので、基礎代謝を上げるという面でも効果は薄いと言えます。

そのため、脂肪を落としてからお腹を引き締めるなら腹筋運動も効果的ですが、ダイエットという点で見ると腹筋運動で痩せるというのは難しいでしょう。

お腹周りだけ部分痩せは不可能

また、ダイエットにおいてお腹だけ細くするというような「部分痩せ」というのは基本的にできません。

腕の運動をすれば腕が痩せる、お腹の運動をすればお腹が痩せるというようなイメージがあるかもしれません。

しかし、運動による脂肪燃焼というのは、脂肪分解作用のあるホルモンや酵素が血液に乗って全身を循環し、全身の脂肪を分解してエネルギーを作るというものです。

そのため、腹筋運動をしたからお腹が優先して痩せるというようなものではありません。

ウェストを細くする方法

腹筋運動だけではウェストを細くするのは難しいですが、ではどのようにして細くすればよいのでしょうか。

それは「有酸素運動」と「食事制限」です。

有酸素運動で消費カロリーを増やし、食事制限で摂取カロリーを減らして、消費カロリーを摂取カロリーより多くすることで脂肪を落とします。

一般的なダイエットと同じですね。

どちらかだけでも構いませんが、有酸素運動だけだと効果が出るのに時間がかかりますし、食事制限だけだと筋肉が衰えてしまい見た目が悪くなる可能性があるので、早く結果を出すなら両方を行うとよいでしょう。

有酸素運動【ポイント】

ジョギング、ウォーキング、ランニング、自転車など様々な有酸素運動があり、運動の種類によって消費カロリーも違います。

最も消費カロリーの効率がいいのはランニングなので、ダイエット目的ならランニングをすればいいということになりますが、有酸素運動で重要なことは、「継続する」ことです。

ランニングを続けられるならそれが一番ですが、ランニングがつらいならジョギング、移動のついでに行うなら自転車など、生活の中で継続できる運動を選ぶといいでしょう。

食事制限【ポイント】

脂肪を落とすために食事制限を行って摂取カロリーを減らすことも有効ですが、その際いきなり大きく摂取カロリーを減らしてはいけません。

摂取カロリーを一気に減らすと、体がカロリーを蓄えようとして省エネモードになり、カロリーを消費しにくくなってしまいます。

大幅な食事制限は継続しにくいということもありますので、食事制限をする場合は摂取カロリーの減らし方に注意しましょう。

また、摂取カロリーを減らすことが難しい場合は1回あたりの食事の摂取カロリーを減らして食事回数を増やすといいでしょう。

1回に大量にカロリーを摂取すると、血糖値が上がりインスリンが分泌されます。

インスリンが大量分泌されると体に脂肪細胞が運ばれるようになるため、太りやすくなってしまいます。

そのため、同じ摂取カロリーであっても1回で摂取するより数回に分けて摂取する方が、血糖値の上昇を抑えられるため肥満防止になります。

腹筋運動の必要性

腹筋運動ではウェストは細くならないと説明してきましたが、では腹筋運動はまったく必要ないのでしょうか。

確かに腹筋運動では脂肪を落とすのは難しく、有酸素運動や食事制限が必要ですが、腹筋が鍛えられていないと脂肪が落ちた時に引き締まっていない体になってしまいます。

また、食事制限をしているとエネルギー不足から筋肉が分解されてしまうことがあります。

ダイエット中に筋肉が衰えてしまうと、ダイエットが終わった後、基礎代謝が下がって太りやすい体になってしまいます。

そのため、見栄えを良くして健康的な体にするためには腹筋運動を、できれば全身のトレーニングを行っておくとよいでしょう。

腹筋ではお腹は痩せない!?【まとめ】

腹筋運動では脂肪を落としてウェストをを細くする効果は見込めませんので、ダイエットとしては不向きです。

しかし、見栄えを良くしたり体を鍛えるという意味では十分効果はありますので、ダイエットではなくトレーニングとして行うといいでしょう。