筋トレには炭水化物も重要!タンパク質だけではダメ!

筋トレには炭水化物も重要!タンパク質だけではダメ!

筋トレをする場合、タンパク質の摂取が非常に重要視されます。

また、ダイエット目的で筋トレをする人も多いですが、食事制限のために炭水化物を抑える人も少なくありません。

しかし、炭水化物は筋トレに必要不可欠な栄養素であり、不足すると、筋トレに悪影響が出る恐れがあります。

では、炭水化物が筋トレにとってなぜ重要でどのような効果があるのか確認していきましょう。

筋肉を補強する

炭水化物を摂取することで、筋肉を補強することができます。

その理由を2つご説明していきます。

インスリンの分泌が増加

インスリンには、血中の糖を分解して細胞に運び、エネルギーとして利用できるようにする作用があります。

その作用により、食べたものをエネルギーとして消費することができます。

そして、インスリンにはさらに筋肉を補強する作用があります。

炭水化物を摂取することでインスリンが分泌され、RNA(リボ核酸)が増加し、タンパク質の生成を促したり、タンパク質の材料となるアミノ酸を細胞の内部に取り込んでくれます。

また、アミノ酸が肝臓で消費されることを防いだり、筋肉内でタンパク質が分解されるのを防ぐ効果もあります。

このように、筋肉の材料となるタンパク質の生成を促したり、タンパク質の分解による筋肉の減少を防ぐ効果のあるインスリンを、炭水化物を摂取することで分泌量を増やし、筋肉を補強することができます。

テストステロンの作用の促進

炭水化物を摂取するとインスリンの分泌量が増えますが、インスリンが増えることによりテストステロンの筋力補強作用を促進することができます。

テストステロンには、脂肪を分解して筋肉を作ってくれる作用があります。

しかし、血液中には性ホルモン結合グロブリンという成分が存在し、テストステロンの働きを妨げます。

この性ホルモン結合グロブリンは、インスリンがないと増加していきます。

そのため、炭水化物を摂取してインスリンの分泌を促し、性ホルモン結合グロブリンを減少させることで、テストステロンの筋力補強作用の邪魔させないようにすることができます。

筋肉にエネルギーを補給する

筋トレをする際、大きな力を発揮するためにエネルギーが必要になります。

エネルギーが足りないまま筋トレをしてしまうと、効果がないどころか、筋肉が衰えてしまう可能性もあります。

筋トレの効果を十分に出し、筋力の低下を防ぐため、炭水化物を摂取してエネルギーを補給する必要があります。

筋トレに使われるエネルギー

筋トレをする時、筋肉は蓄えられているグリコーゲンという糖分を利用します。

しかし、筋肉中に使用するグリコーゲンが足りないと、グリコーゲンの代わりに他の成分を分解してエネルギーを作り出そうとします。

その際に分解されるのが筋肉で、グリコーゲンが不足すると筋肉を分解して糖分を作り、エネルギーを作ろうとします。

そのため、エネルギーを補給していない状態で筋トレを行うと、筋肉をつけたいのに逆に筋肉が減ってしまうということになってしまいます。

筋肉の分解を防ぐには

では、筋トレで筋肉の分解を防ぐにはどうすればいいでしょうか。

それが炭水化物を摂取してエネルギーを補給しておくということです。

炭水化物を摂取して、筋肉にグリコーゲンを蓄えておくことで、筋トレで消費してもグリコーゲンが不足しないようになり筋肉が分解されることがなくなります。

エネルギー源が不足している状態で筋トレを行っても、筋力を強化することはできませんので、炭水化物を取ってエネルギーを補給しておくことが非常に重要になります。

筋トレには炭水化物も重要!【まとめ】

炭水化物を摂取することで、筋トレによる筋力の強化を助け、エネルギー不足による筋肉の分解を防ぐことができます。

炭水化物を抜くというダイエットもありますが、一時的に体重は減るかもしれませんが、筋肉も減少するためメリハリのない体になったり、痩せにくくなってしまう恐れがあります。

筋トレをして筋肉質の体になったり、健康的にダイエットをしたい場合は炭水化物も摂取した上でトレーニングを行いましょう。