加圧トレーニングで筋トレ!軽い負荷で効率よくトレーニング!

加圧トレーニングで筋トレ!軽い負荷で効率よくトレーニング!

低負荷、短時間で効果の高い筋トレを行うことができる「加圧トレーニング」をご存じでしょうか。

専門知識が必要になりますが、軽い負荷でも重い負荷に劣らないトレーニングができる方法です。

ダイエット目的ならば重いダンベルなどを持ち上げなくてもよいですし、筋力アップ目的でも効率良くトレーニング効果を得ることができます。

では、低負荷で高効果を得られる加圧トレーニングとはどのような方法なのでしょうか、効果やメリットも合わせてご説明していきます。

加圧トレーニング【概要】

加圧トレーニングとは、血流を制限して行うトレーニング方法です。

腕と足の付け根に専用のベルトを巻いて、血流を制限することで、通常の筋トレよりも軽い負荷でトレーニングを行っても筋力を強化できます。

ただベルトを巻けばいいというわけではなく、弱過ぎると圧力がかからないので効果がなく、強過ぎると血栓ができるなどの健康面での危険があります。

そのため、加圧トレーニングを行う場合は、適正な圧力の確認やベルトの購入なども含めて、インストラクターやトレーナーの指導を受ける必要があります。

加圧トレーニング【メカニズム】

では、血流を制限してトレーニングを行うことでなぜ筋肉を鍛えることができるのでしょうか。

腕や足の付け根に圧力ををかけることで、筋肉に流れ込んだ血液が出にくくなります。

血液が出にくくなることで、乳酸などの代謝物が溜まっていきます。

それにより、高い負荷でトレーニングを行った場合と同じような筋肉の状態を作ることができ、軽い負荷でも高負荷の筋トレと同等の効果を得ることができます。

加圧トレーニング【メリット】

低負荷で高負荷と同等の効果

加圧トレーニングでは、腕や足の付け根あたりに専用のベルトを巻いて圧力を加えますが、その際は血液の出口側、静脈側に圧力をかけます。

血液の出口に圧力をかけることで、筋肉に血液が流れていきますが、出ていくことができなくなるので、低負荷の運動でも乳酸などが筋肉に溜まりやすくなり、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

そのため、軽い負荷でも十分なトレーニング効果を得ることができます。

短時間でトレーニング可能

加圧トレーニングでは、軽い負荷で重い負荷と同等の効果が得られますが、時間も短縮することができます。

加圧しながらトレーニングを行うことで、少ない回数でも効果が得られるため、トレーニング時間を短くすることができます。

また、低負荷で短い時間で行えるということは、集中力が切れるということもなくなり、高いパフォーマンスでトレーニングすることができ、また筋肉や関節にかかる負担も軽くなるため、怪我の防止にも繋がります。

肩こり・腰痛の解消

加圧ベルトでトレーニングを行った後、ベルトを外すと止まっていた血液が一気に流れ出します。

大量の血液が一気に流れることにより、血液が全身まで行き渡り、血行不良による肩こりや腰痛を改善することができます。

アンチエイジング

加圧トレーニングでは、通常の筋トレより大量の成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、骨や筋肉を作ったり、代謝を促進する作用があります。

筋肉を作ることで引き締まった体を作り、さらに代謝を促すことで若々しい体を保つことができます。

加圧トレーニング【注意点】

軽い負荷で効果的な筋トレを行うことができる加圧トレーニングですが、重要な注意点があります。

専門的な知識が必要になるため、必ず最初は専門知識を持った人の指導の下で行うようにしましょう。

加圧トレーニングは、圧力をかけて血流を制限するトレーニング方法ですが、適正な圧力をかけないと効果が無くなったり、強く締めすぎると血栓ができて命に関わる危険もあります。

適正な圧力は、専門知識がないと判断できないので、自分で行ったりせず、必ず専門家の意見を仰ぎましょう。

また、自宅で行う際には専門のベルトが必要になりますが、このベルトも専門のメーカーのものを利用するようにしましょう。

加圧トレーニング【まとめ】

加圧トレーニングは、ベルトで血流を制限して高い効果を得るトレーニングですが、方法を間違えると危険なトレーニング方法でもあります。

自宅で行いたい場合でも、最初は必ず専門家と相談して、正しい方法で効果的にトレーニングを行いましょう。