EMSの効果を検証!本当に楽して腹筋を割れるのか!?

EMSの効果を検証!本当に楽して腹筋を割れるのか!?

EMSという機械をご存じでしょうか?

鍛えたい場所にパッドを貼るだけで運動しなくても筋肉を鍛えられるという、今までトレーニングを続けることができなかった人には夢のような機械です。

ネットやCMを見ていると、モデルの人が格好良い割れた腹筋を見せていることも多いですね。

貼るだけでそんな格好良い体になるならばぜひ欲しいものですが、本当に運動もせずに筋肉がつくなんてことがあるのか、不安に思う人も多いでしょう。

そこで、EMSには本当に効果があるのか、それを調べていきましょう。

EMS【概要】

EMSとは、Electrical Muscle Stimulation(エレクトリカル・マッスル・スティムレーション)の略で、日本語に直訳するなら「電気の筋肉刺激」となります。

通常の筋トレは、脳から命令を出して鍛えたい場所を動かしたり力を入れたりすることで行います。

ですが、EMSは鍛えたい場所に直接電気刺激を与えることで、筋肉を収縮させ、筋肉を鍛えることができるので、自分の意思で動かなくても自動的に筋トレ効果が得られるということです。

また、通常の筋トレだとある程度続ける疲れてフォームが崩れて効果が薄れてしまうことがありますが、EMSでは電気刺激で強制的に筋肉を収縮させるので、どんな時でも一定の効果を得ることができます。

そして、電気刺激で自動で筋肉を動かすことができるので、自分の意思で体を動かすのが難しい人へのリハビリなどにも利用されます。

EMS【筋トレ効果】

EMSで、電気刺激で筋肉を動かすことで通常の筋トレのように筋肉を強化する効果が得られるのでしょうか。

EMSで電気刺激を与えると、その部分が力を入れた時のように固くなります。

そして、ある程度以上行うと筋肉痛にもなります。

筋肉痛が起きるということは、その部分の筋肉に刺激が加わり、筋繊維が切れているということです。

通常の筋トレで筋肉痛が起きるのも、刺激の与え方は違っても、筋繊維が切れて起こっているものです。

このことから、EMSには十分な筋トレ効果があると言えるのではないでしょうか。

EMS【ダイエット効果】

EMSで筋トレ効果があることは分かりましたが、続けることでネットなどで見られるような腹筋の割れたスリムな体になることができるのでしょうか。

EMSでは、特定の筋肉に刺激を与えることはできますが、脂肪燃焼効果は少なく、カロリー消費は期待できません。

そのため、EMSだけでは筋肉を増やすことはできてもスリムな体を作ることはできません。

特に腹筋を割りたい場合は、お腹の脂肪を落としてその下にある腹筋を見せる必要がありますが、脂肪燃焼効果の見込めないEMSでは、お腹の脂肪は落とすことは難しいでしょう。

貼るだけでは理想的な体型にはなれないということですね。

ただし、筋肉を増やすことはできるので、基礎代謝を増やして痩せやすい体を作ることはできます。

EMS【EMSと筋トレの違い】

筋肉が鍛えられるという意味では筋トレもEMSも効果がありますが、何が違うのでしょうか。

EMSでは、特定の部位に電極パッドを貼って電気刺激を与えるため、その部位だけを集中して鍛えることができますが、それ以外の部位には効果がありません。

筋トレでは、種目によりますが複数の筋肉を鍛える場合が多いです。

2~3種類の筋肉と鍛えるものから、6~8種類もの筋肉をまとめて鍛えるものまであります。

特定の場所のみ集中して鍛えたい場合はEMS、バランス良くいろんな部位を鍛えたい場合は筋トレが良いでしょう。

また、EMSでは脂肪燃焼効果は見込めませんが、筋トレでは体を動かすことでカロリーを消費することができるので、脂肪燃焼効果が期待できます。

ダイエット効果も期待するならば筋トレの方が効果的と言えます。

EMS【注意点】

EMSは、楽して鍛えられると言われることが多いですが、実際に楽と言えるほど刺激を弱くしては効果が薄くなります。

しかし、刺激を強くし過ぎると痛みが出たり低温火傷の可能性してしまう可能性があります。

試行錯誤して、自分に合った強度で行う必要があるでしょう。

またEMSは腹筋用、腕・足用など使用する箇所に合わせて作られています。

使用する部位に合わせて適切に利用しましょう。

EMS【まとめ】

EMSは自分で運動する必要がないので、ある程度楽して筋肉を鍛えることはできますが、貼っておくだけで利用的な身体を手に入れられるというものではありません。

しかし、筋肉に効く感覚は掴めますし、特定の部位を集中して鍛えることは可能なので、他のダイエットや筋トレと並行して行うならば十分に効果が見込めると言えるでしょう。

少しでも効果が出ればモチベーションが上がることもありますので、効果が不安で迷っているならば一度試してみてはいかがでしょうか。