じゃがいものダイエット成分とは!?じゃがいもダイエットの方法!

じゃがいものダイエット成分とは!?じゃがいもダイエットの方法!

色んな料理で利用できるじゃがいもですが、カロリーが高く糖質が含まれているため、ダイエットには向かないようなイメージがあるかもしれません。

しかし、じゃがいもも食べ方によってはダイエットに非常に役立ちます。

では、じゃがいもを使うことでどのようにダイエットできるのか、その効果や方法についてご案内していきます。

じゃがいもダイエット【概要】

じゃがいもダイエットとは、食前にじゃがいもを一つ食べるダイエットです。

置き換えダイエットではありませんので、じゃがいもしか食べられないというダイエットではありません。

しかし、じゃがいもといえば、炭水化物が多く含まれている食材であり、ダイエットでは炭水化物を控える場合が多いです。

そして、じゃがいもは100gにつき約76kcalと決してカロリーは低くありません。

では、そんなじゃがいもを食べることがなぜダイエットに繋がるのでしょうか。

じゃがいもダイエット【効果】

炭水化物が豊富なじゃがいもが、なぜダイエット効果があるのか、それはじゃがいもに含まれるレジスタントスターチという成分によるものです。

炭水化物は、摂取され体内に入るとブドウ糖となりエネルギーになりますが、食べ過ぎると余分な量が脂肪として蓄えられてしまいます。

しかし、じゃがいもに含まれるレジスタントスターチという成分により、通常の炭水化物より食後の血糖値が上がりにくくなるため、ダイエットに効果的です。

また、レジスタントスターチは食物繊維に近い作用も持つため、食物繊維のダイエット効果も合わせて期待できます。

じゃがいもダイエット【方法】

じゃがいもダイエットは、食事の30分ほど前にじゃがいもを一つ食べるだけなので、非常に簡単なダイエット方法といえるでしょう。

その後、通常の食事をとってよいため、空腹に悩まされたり、じゃがいもばかりで飽きるということもありません。

食べ方に制限はありませんが、油や調味料などでカロリーが増えすぎないような調理法を選ぶとよいでしょう。

また、茹でるとじゃがいもに含まれている成分がお湯に流れ出してしまうため、カロリーは増えませんがあまりお勧めできません。

じゃがいもダイエット【ポイント】

食事前にじゃがいもを食べる際、一緒に水を飲むとお腹が膨れるので食事量を減らすことができます。

じゃがいもダイエットは食事制限のないダイエットなので、他の食べ物については好きなものを食べて構いませんが、食事量を変えずに行うと、じゃがいもを増やした分だけ摂取カロリーが増えるということになります。

じゃがいもダイエットを行う際は、できればじゃがいもの分くらいは食事量を減らした方がよいでしょう。

また、置き換えダイエットのように食事をじゃがいもだけにしてはいけません。

栄養バランスが偏ってしまい、体調不良の原因になってしまいますので、カロリーを制限したい場合は野菜を中心にしたバランスの良い食事を心がけましょう。

じゃがいもダイエット【注意点】

じゃがいもの芽や変色部分などには、ソラニンという毒素が含まれます。

ソラニンは過剰摂取すると腹痛・吐き気・めまいなどの体調不良を引き起こす可能性があります。

そのような部分がある場合は、深めに切り取って絶対に食べないようにしましょう。

じゃがいも【効能】

じゃがいもには、ダイエット以外にも美容・健康など多くの効能があります。

どのような効能があるか見ていきましょう。

美肌効果

じゃがいもには、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは美肌作りに必要な成分なので、じゃがいもを食べることで美肌効果が期待できます。

むくみ改善

じゃがいもに含まれているカリウムには、塩分を排出する作用があるため、むくみを改善することができます。

免疫力向上

ビタミンCには、皮膚の粘膜を強化する作用があるため、風邪などの感染症の予防効果があります。

また、ストレスが溜まった時に消費されるビタミンCを補給することで、ストレスに強い体を作ることができます。

尿酸増加の防止

血中の尿酸が増加すると痛風にかかってしまう可能性があります。

じゃがいもはアルカリ性の野菜なので、食べることで尿酸増加を抑え、痛風予防に役立ちます。

じゃがいもダイエット【まとめ】

じゃがいもに含まれるレジスタントスターチという成分のおかげで、炭水化物であるじゃがいもを食べてもダイエット効果が期待できます。

食べる時はできれば皮の付いた状態で調理して摂取しましょう。